弁護士資格の勉強のコツは、大きく分けて5つあります。 ・勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)量 ・目的意識を持つ ・モチベーション(人によって維持のさせ方、再燃のさせ方が畭なるものです)維持 ・学習スケジュールを立てる ・法科大学院や予備校を利用する まず、司法試験に合格するのは、並大抵のことではないのです。 そのため、1日のうちの大半を勉強に費やさないといけないでしょう。 本気で合格を目指すのであれば、1日12時間程度は必要になります。 それに、勉強をしていると如何しても遊びたくなったり、面倒になってしまうこともあるものです。 そういった時に自分を奮い立たせるためにも、どうして弁護士になりたいのかを明確にしておいてください。 その目的意識が、司法試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の勉強を後押ししてくれますし、モチベーション(気分が高揚していることを指すわけではありません)維持に繋がります。 また、効率の良い勉強をするためにも、学習スケジュールを立てる必要があるといわれているのです。 いつまでに、どこをどのくらい終わらせるのかということを決めておかないと、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)日に間に合わないこともあるかもしれませんね。 それから、独学(効率よく勉強しないと、見当違いの勉強をしていても誰も注意してくれませんね)ではなくて、法科大学院と予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)を利用するようにした方がいいです。 独学で司法試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する事はとても難しいので、あまりおすすめしないのですー